スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの記事を100記事にしてみる

アフィリエイトでプロになるためには、良質なコンテンツを作る能力が必要です。
そのために一番手っ取り早いのは書く力を伸ばすことです。
物を書ける力は将来にわたり、稼ぐ原動力となります。

なぜなら、書いたものは残るからです。
自分の意思を長きにわたって伝えることができるからです。

書く力を伸ばすためにも、アフィリエイトを習慣化する為にも、初心者アフィリエイターはまず、ブログの記事を30記事書いてみる大切さを以前書きました。

新しいブログを作るならまず30記事を目標にする


これが達成できたら次のステップが待っています。
次は、そのブログの記事を100記事にすることなんです。

これはなぜか?というと、30記事を1カ月で書くことができたとすれば、毎日1記事は作る力がついたということになります。
これは大きな力ですが、その30記事でやめず、100記事を2ヶ月目に達成することができれば、さらに大きな力になるのです。

ブログの記事を大量に書いてみるとわかりますが、書けば書くほど、書けるようになってくるものなんです。
そして、記事を書くスピードも上がります。

初心者が1カ月で30記事書いたとして、2か月目も同じように続けてみると、1日に1記事しか書けなかったのが、1日2記事を書くことも苦労ではなくなります。
場合によっては3記事、4記事書くことも苦になりません。

書く、ということを習慣化するうえで、2ヶ月目の大量記事投稿が、将来にわたってアフィリエイト稼ぐ上で重要なポイントになってきます。
1か月目に基礎を作り、2ヶ月目に血肉化、3か月目にちょっとした職人レベルになることは十分可能なんです。

まず考えてみてください。

ブログで100記事投稿する人間は少ないですよ。
もちろん、世の多くのブログでは100記事以上あるのも珍しくはないんですが、こつこつこつこつ、積み重ねることができる人もたくさんいる一方、あなたはそんなこと、できなかったではないですか(笑)!

いえ、それは私も例外ではないんですが、やったことのない領域に踏み込むことほど、自分の殻を突き破るのに適したことはありません。
アフィリエイトでプロを目指す初心者の皆さん、1か月目の30記事ができたら、間髪いれず、2ヶ月目の100記事投稿まで一気に駆け抜けましょう!

そして、次のステージは、それができるちょっと前に、私が提示します!
書く力を伸ばす。世界がきっと、変わるんです。
スポンサーサイト

テーマ : アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

流れに乗ったらもうひと記事作ってみる

アフィリエイトで重要なポイントは記事の量産です。
違う!といわれても、これは絶対に重要なんです。

誤解なきように言わせてもらいますが、私が言う量産は、無意味な言葉や稼げそうなキーワードを羅列した自動生成テキストで機械的に作り出した文章ではありません。

むしろこのようなスパム行為はやめてほしいものです。
検索してスパムサイトに当たった時、ユーザーとしては頭に来ますよね?

いくら無料だからといってブログで無意味な言葉の連呼をしてユーザーに不愉快な思いをさせることは良くありません。
私はポリシーとして、そのような行為をしないようにしたいと思っています。

ちょっと話がずれました。

そう、量産の話です。
ある程度の質を保ったサイトを量産することはアフィリエイトで必要不可欠です。
だから、アフィリエイトを本気で取り組もうと思えば、非常に多く文章を書く必要があります。

でも、題材によってすんなりかけたり、テーマによってはあまり記事が書けない、なんてことはよくある話です。
毎日毎日記事を書いていると、ある時、急に記事がスラスラ出てきて筆(?)がとまらない、なんて時がでてきます。

こんな時は、記事を書き続けましょう!
時間が許す限り、腕が疲れてへばるまで、テキストを書き続けるのです。

人間は気分が乗っている時、そうではない時の差が激しく、気分が乗っている時の仕事の効率はものすごく高くなります。

逆に気分が乗らないときは、何とか自分を奮い立たせて頑張ろうとしても、さっぱり前に進めないこともあります。
アフィリエイトのプロを目指すなら、気分が乗らない時でも一気にパフォーマンスをあげるような自己暗示も必要ですが、そうはいっても、最初のころはそんなこともできないわけです。

だからこそ、自然の流れを有効活用してみましょう。
乗った時こそ、どんどん記事を書き続けましょう。

これで、かなり生産効率が上がります。
一度この、フローの状態を経験すると、流れに乗った時の生産量がわかりますので、自分の能力は捨てたもんじゃない、ということに気づくこともできるようになります。

アフィリエイトをやるということは、ただ単に稼ぐ、というだけでなく、自分の能力開発にも役立つんです。
ぜひ、フローを経験し、フローを活用し、自己の能力を開発して、さらに好循環を作り出せるように頑張ってみましょう!

情報商材レビュー

テーマ : アフィリエイトで稼ぐ方法
ジャンル : アフィリエイト

失敗事例を記録すること

アフィリエイトで稼ぐためには作業を積み重ねることが重要です。
ビジネスとして本気で取り組んでいれば当然のことなのですが、この積み重ねることが
なかなか難しかったりします。

実は私も最近、本当であればサイトを1個作れた時間を無駄に潰してしまったことがあります。
ただでさえ時間がないサラリーマンの副業アフィリエイト。

時間を無駄に過ごすことほど恐ろしいことはありません。

ただ、アフィリエイトをやるということは、情報商材やASPから売れそうな広告を選んだり、魅力的なコピーを書くために実際に商品を買ってみたりという仕込みが必要になりますよね。

で、結構この、仕込みにかこつけたお買い物が楽しかったりするのです。

最近の私の失敗は、情報商材アフィリエイトをしようと思って、有益な役立つ情報を買おうと思いながら、アフィリエイターのレビューを読みこんでしまい、結局、購入特典の多い人からかわなきゃ!とか、変な気を起してしまい、結局買うまでにものすごい時間を使ってしまったことがあります。

これは、やってはいけないことです。
ミイラ取りがミイラになる最たるものです。

アフィリエイトを楽しくやるのは良いとして、自分の趣味みたいにノウハウを買いあさってはいけません。
もうノウハウコレクターを卒業したはずじゃありませんか!

でも、情報商材のアフィリエイトをやる人って、多かれ少なかれ、情報商材が好きな人が多いんです(笑)。
かくいう私もそんな一人です。
これで貴重な1時間を失うのであれば、その1時間を作業にあてたほうがどんなに良いことか・・・。

そういう失敗経験をした後には、必ず、何をやってしまったのかを書いて残しておくべきです。

私の場合、

「某月某日、アドセンスの情報商材を仕入れてレビューしようと、レビューサイトを読み込んでしまい、ついうっかり購入特典に引っ張られて1時間も、無駄に時間を過ごしてしまった。」

「これからは購入特典などどうでもよく、とにかく質の高い情報商材の仕入れに集中すること。
また、1時間あれば1サイト作ることができるので、常に1時間を大切に使うこと」

こんな風に書いておけば、今後の教訓になりますよね。
実際、このブログも私の教訓をちりばめているんですけど。

何かで失敗したら死んでもそこから何かを引き出す。
ただでは起きない気構えを持って、アフィリエイトに取り組んで行きましょう!

衣類の乾燥器

テーマ : アフィリエイトで稼ぐ!!
ジャンル : アフィリエイト

アフィリエイトを続ける技術

アフィリエイトを続ける技術を公開します。

私の場合、2006年から2011年まで、実に5年間くらい、だらだらとアフィリエイトにかかわってきました。
2012年になって、ひょんなきっかけから、まじめにアフィリエイトにかかわることができるようになりました。

2012年といっても、実は1月後半からなので、まだ2カ月もたっていないのですが、この2カ月弱、実に毎日、2時間半以上の作業を積み重ねることができるようになったのです。

成果??

なぜかアドセンスで今までにない金額を稼ぐようになったりしてますが、実際はまだ、仕込み段階なんです。
とはいえ、丸一ヶ月の間、HTMLサイトの作り方を基礎から復習(なんといっても5年くらいはアフィリエイトにかかわっているので、全くの素人ではないんですけど。)し、アフィリエイトで稼ぐ全体像をある教材で学びなおし、そして、毎日毎日2時間半以上、サイトを作り続けることができるようになりました。

過去の経験を振り返ると、アフィリエイトをまじめに取り組みきることはできませんでした。
その最たる理由は、アフィリエイトで稼ぐ全体像が見えていなかったこと、また、新しく覚えなくてはいけない技術的な壁が自分には大きすぎたこと、もうひとつ、これは自分の怠惰な性格の一つですが、すぐに効果が出ないことに真剣に取り組むことができないことが挙げられました。

そんな中で、最近になって人が変わったようにアフィリエイトに取り組めているのは次のような理由からです。

1)アフィリエイトで稼ぐ全体像を心底理解した。
2)新しく覚えなくてはいけない技術を覚えることに喜びを覚えた。
3)すぐに効果が出なくても1年後に稼げればいい、この一年だけ頑張りきってみようと思えるようになった。

この3点です。

まず、全体像が見えたことによって、今の積み重ねが将来の稼ぎにつながることが分かるようになりました。
これは大きいです。作業をすればするほど、将来の稼ぎが近づいてくるのですから。

また、技術的なところ、たとえばMovable Typeにしろ、Word Pressにしろ、タグを覚えることやサーバーの管理、設置方法にしろ、バナー作成にしろ、覚えれば覚えるほど、「面白い!」と思うようになりました。
アフィリエイトは胡散臭い副業とか思われながらも、まじめにやればそこらのWEB会社がやっているようなWEB作成技術も必要ですし、それ以上に商売を作り出すビジネスセンス、マーケティング、コピーライティングから心理テクニックまで必要です。
これは面白いですよ。
サラリーマンをやっていてある部署の仕事しかやっていなければ見えてこない、自分で「稼ぐ」という力を養成しているわけですから。
学べば学ぶほど、自分の力で生きることができるようになるんです。

そして、この一年、はっきり言って捨てても良いと思えるようになったことです。
これは私の尊敬するプロアフィリエイターの言葉ですが、「アフィリエイトを1年本気でやって、もし仮に稼げないとすれば、それはおそらく都市伝説なのだ。」ということです。

これは私にとってはとても心に残る言葉でした。
自分の力の限りを尽くして1年やって稼げない。
冷静に考えて、それはあり得ないと思ったのです。

1年力を尽くして賭けてきたことが今までありますか?
あれば、本気の力がどれほど強いかわかりますよね?
私の場合、社会人になって、1年間継続して全力を投入したことがありませんでした。
だから、やってみようと思ったのです。ある意味、人体実験です。

人生は長い。長いけど短い。だから、この1年、やってみてダメなら1年後考えようと思ったのです。
ただし、やるからには本気でやる。
あとで振り返った時にこの1年はアフィリエイトに全力投球した年だった、と自分で言い切れなければ駄目だと思ったんです。

そんな変化が自分の中に起こり、楽しんでサイト作成にも取り組むことができるようになりました。
思えばあっという間にHTMLを10サイト作りだしました。

人がものごとを習慣化するには21日間が必要と言われます。
その21日間はとうに過ぎ、次は3カ月間連続で、アフィリエイトサイトを作り出すこと、また、サテライトサイトを3カ月で100サイト以上、作り出すことを目標に、今日も取り組んでいます。

努力はきっと、報われるものです!

居心地のよい生活 快適



プロフィール

infosoldierなおと

Author:infosoldierなおと
逆襲アフィリエイター なおと
サラリーマンから起業を目指すアフィリエイター。
2006年からアフィリエイトを始めるも儲からない苦い日々を経験。
2012年、突如としてアフィリエイトを再開し、本気のアフィリエイトを展開中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
無料レポート情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。