スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけなんかいらないでしょ??

情報商材アフィリエイトをしようと思っていろんなノウハウを見ていると、アフィリエイターはこれでもかこれでもかと「おまけ」を付けてあおっているのを見かけます。

販売する側、要するにアフィリエイトを仕掛ける側からすると、「おまけ」を付けて販売することは重要なんですね。
おまけをつけるだけでお得感を出せますし、おまけがあるほう、ないほうを天秤にかけると、大体おまけがあるほうの売れ行きが大きいんです。

スーパーでも期間限定でおまけがついているジュースなんかも、普段なら買わないのに、おまけにつられて買ってしまうことありますよね?

得をしたい、と思うことは誰しも自然なことなんですが、良く考えてみてください。

それをうまく利用するのが商売人です。
買う側は商売人の意図することをもっと見抜くことが必要です。

まず、おまけをつけることによって商売人は損をしないんです。
むしろ得をするからおまけをつけます。
この時の商売人の得ってなにか?というと、儲かることなんです。

おまけを付けることにコストがかかっても、それ以上の利益が取れるからおまけをつけるんです。
たとえばおまけによってちょっと利益率は下がっても、短期的に利益を取りたいからおまけを出す、
利益率はどうでもよくって顧客リストを作りたいからおまけをだし、別の商材で儲けるなどです。

というわけで、おまけをつける側は買う側のことをあまり考えていません。
おまけが買い手にとって役に立つかどうかよりも、販売側が売りやすくなるからおまけをつけるんです。

情報商材アフィリエイトをしよう!と考えているなら、販売者が何を思っておまけをつけているか?なども考えてみましょう。

言っておきますが、販売者が悪質であるということを言っているわけではなく、自分も買い手が買いたくなるような販売手法ができるようになるためにも、売り手の立場も考えることが大切だということです。

おまけ、お得な感じがするんですけど、実は得するのは販売者ですよ。
目的をもっておまけを得る場合、特に再配布できる商材を仕入れるためにおまけの豊富な情報商材を買うっていう場合はちょっと別なんです。
意図して太っ腹なおまけを目当てに買う場合は、買い手にもメリットがありますからね。

でも、おまけが多くて、そのおまけをどう使うかも考えないまま、お得そうだから、という理由で買う場合、明らかにあなたはカモです。

情報商材を買う場合はくれぐれも、おまけに惑わされないようにしてくださいね!
スポンサーサイト

テーマ : アフィリエイトで稼ぐ!!
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

infosoldierなおと

Author:infosoldierなおと
逆襲アフィリエイター なおと
サラリーマンから起業を目指すアフィリエイター。
2006年からアフィリエイトを始めるも儲からない苦い日々を経験。
2012年、突如としてアフィリエイトを再開し、本気のアフィリエイトを展開中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
無料レポート情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。