スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料のオファーで稼ぐ力を練成する。

アフィリエイターが宣伝する対象には情報商材、金融系商品(FX、クレジット、キャッシングなど)、美容系商品があります。

これらはいわゆる激戦区で、素人が参入してもなかなか稼ぐことができません。

まず検索エンジンに上位表示されているトップアフィリエイターのサイトは、被リンクの質が違います。数が違います。運営履歴が違います。

要は百戦錬磨のアフィリエイトのプロ中のプロが、素人を寄せ付けない強力な城をかまえているのです。
何百万という広告宣伝費、万時間のSEO対策、外注による記事作成と被リンク付け、オーソリティサイトからのバックリンクなど、ちょっとやそっとで太刀打ちできない強力なパワーがあります。

初心者アフィリエイターはぜひ、一度はそこでの上位表示も目指すことをお勧めします。
そこで難しい状況があることをわかるのも勉強です。

難しいからアフィリエイトはあきらめる、ではないのです。
強力な相手がいるところで手法を学び、弱いところを攻める力を蓄えるのです。

まずは情報商材アフィリエイトアフィリエイトを学ぶのが良いでしょう。
まずもって参入者の数が多いです。

このブログでも紹介しているアンリミテッドアフィリエイトなどの黄金ノウハウなど、洗練された手法もありますので、なかなかに素晴らしい手法を展開している方も多く、勉強になります。

勉強になるだけでは意味がないので、自分で学びとり、手法を身につけるのです。
コピーライティング、サイト作成、サテライトサイトの仕込みとメルマガでの読者増など、一通り経験することができますので、後々のアフィリエイターとしての活動に広がり、深みを持たせることができます。

手法を学んでも、なかなか成果につながらない。
なかなか難しいんですね。情報商材を売るのは。

だから、ある程度の手法を学んだ後に積極的に活用したいのが、無料のオファーです。

無料レポートの紹介で数百円の報酬が入ったり、ゲームのダウンロードを促して数百円の報酬が入る、資料を請求してもらって数百円の報酬が入るなど、世の中には無料のものを紹介するだけで報酬につながる媒体は数多くあります。

優良の情報商材なんかよりは報酬につながりやすいのは言うまでもありません。
なんといっても無料ですからね。書い手にとっては金銭的な損失はまったくありません。

でも、無料のものを紹介するのにも力がいるんです。

誰が見ず知らずの人のてきとーな記事から、自分のメールアドレスを登録して資料を請求するもんですか!
そうなんです。

無料だから売れるわけではないんですね。
無料だとお得だなと思ってもらい、情報が欲しいと思ってくれて、初めて成約につながるんです。

無料のものを紹介するのでさえも技術がいるんです。
ティッシュ配りもタダなのに貰ってくれない、というのと一緒です。
何事もうまくいく方法というものはあるもので、それは学習のたまものなんですね。

初心者がアフィリエイトの技術を高める上で、ある時期、無料オファーを集中して攻略するのは非常に良い学習方法になります。

何事も練習、練習です!頑張っていきましょう!

テーマ : 優良商材レビュー
ジャンル : アフィリエイト

情報を作り出すということ

アフィリエイトをやっていると、コピーライティングやSEO、サイト作成技術を身につけるなど、いわゆるテクニック的なところに目が行きがちです。

初心者アフィリエイターにはサイト作成の技術も、記事を書くライティングスキルも、ブログを書き続ける根気もまだ備わっていないでしょうから、いろんなスキルに目が行くのは仕方がありません。

書くいう私も、最初はコンテンツよりもとにかく記事を量産することに主眼を置いていましたし、サイトをきれいに作り出すことや、落ち込んだ時に気持ちを立て直すメンタルテクニックなどにも重きを置いていました。

これは間違いではないです。

ともすればコンテンツの内容に気を取られすぎて、たいしたものが書けないからと委縮するよりははるかにましです。

でも、最終的に稼げるアフィリエイターになるには、情報を作り出すスキルが必要になってきます。

情報を作り出すというと大げさですが、一つのニュース記事から、違うニュースを関連付けたり、過去の同じようなニュースとの比較と作ったり、そのニュースを見る人が気になるであろう情報を整理してあげたり、という情報加工も、情報を作り出す一つの技術です。

また、自分の経験をある法則にまとめあげ、普遍化するのも情報を作り出す技術です。

要するに、オリジナルの文章を作る際に、何かしらの付加価値がつくことが情報を作り出すということで、これこそがアフィリエイターに求められるスキルなんです。

いくらSEO対策を行ったかといって、ごみみたいな記事を量産するのは迷惑以外の何物でもないですよね。

アフィリエイターが儲けたい以上に、検索エンジンで検索をかけて何かを調べたいと思っているユーザーは、価値のある情報が欲しいから検索エンジンにキーワードを入力するのです。

自分の稼ぎたい、儲けたい気持ちは大切にしながらも、それと同じかそれ以上にユーザーが求める記事を作り出す。
これを念頭にアフィリエイトに取り組むことが大切です。

アフィリエイターは価値のある情報を作り出す事業者である。

私はこれをテーマに活動していきます。

テーマ : 優良商材レビュー
ジャンル : アフィリエイト

高額のアフィリエイト塾から得られる効果




私は半年で30万円するアフィリエイト塾に所属したことがありました。
それは、2006年頃、私がアフィリエイトを始めようと思ったときに出会った塾でした。

いつまでも給料が上がらず、厳格な身分制の敷かれるサラリーマン生活からの脱却をもくろみ、将来の独立を果たすための方法として、ネットビジネスを選んだために、わらをもつかむ気持ちで30万円を投じたのです。

今でこそ家族を持つ身ですが当時は独身でそれなりにお金もありましたから、遊びで使う30万円にするくらいならビジネスのスキルアップにも役立ちそうだということで塾に入りました。

塾では多くの成功者を排出していましたし、セミナーの懇親会などでは、今でも活躍しているあの起業家、この起業家がたくさんいました。

塾としては良心的で、ノウハウもある種、本物に近いものだったと思います。

でも、稼げませんでした。
いや、正確には、一番稼げた時で月16万円、しかも長くは続かず、たった1カ月だけ10万円を超え、あとは5~8万円台をさまよい、ある種のブームが過ぎ去りサイトを放置するとまたたく間に月1万円程度に落ち込んでしまったのです。

短期的にせよ、10万円超の金額を稼ぎましたので、塾代は元をとることができましたが、肝心の利益をがっぽり取るには至りませんでした。

その時の経験から、何がまずかったのか、今なら語ることができます。

高額な塾で稼げなかった理由、それは、稼ぐための動機が欠如していたからです。
その当時としては、自分なりに稼ぐ動機は十分にあるはずでした。

サラリーマンとして働いても一生こき使われるだけなのはわかっていましたし、そもそもお金持ちといえるような身分にはなれるわけがないのは上司を見れば明白です。

そもそも、労働時間を切り売りしてやっとお金を稼ぐことができるのがサラリーマンの宿命であるため、世間的にはそこそこの収入が得られたとしても、その裏ではものすごい心労、プレッシャーの毎日であることが分かっていました。

だからこそ、自分のビジネスを興す必要がある、と思っていたのは事実です。

そんな理由があるはずだったのに稼げなかった・・・。

それは、まず、本気で自分が稼げるようになると思えていなかったからです。
塾でノウハウを学び、稼げそうとは思っても、自分が稼げるとは思いきれなかったのです。
実は稼げるという根拠なき確信や自身は非常に重要で、見えないものを引き寄せるための秘訣であることが後々わかってきました。
当時としては、稼いでいる塾生がたくさんいるのに、それが自分の身に引き起こることがどうしてもイメージしきることができませんでした。

もうひとつ、稼げなかった理由があります。
それは、嫌なサラリーマン生活でも、食うに困らず、へとへとでストレスまみれではあったものの、死ぬには至らなかったためです。
たとえば過労死してしまうようなブラック企業に勤めていたら、もしかして本当の本気で、稼ぐことができたかもしれませんが、いかんせん、生かさず殺さずの企業で働いていると、そこまで本気で副業に精を出すことができなかったのです。

そんなわけで、人生で初めての高額ネットビジネス塾でしたが、残念ながら稼ぐ人間に離れませんでした。

でも、その塾で学べたことがたくさんありました。
ブログの作り方やサイトのアップロード、アドセンスからメルマガ発行、被リンクの付け方、サイトのリンクを売って稼ぐ方法など、そもそもサラリーマンをやっていれば到底知り得なかった稼ぐための方法をこれでもかというほどに学びました。

学んだだけで実践しきれなかったところが失敗の原因なんですが(苦笑)。

ただ、その塾があったおかげで、アフィリエイトのことはいつも頭から離れませんでしたし、今度こそ稼ごうという気持ちになれたのも、その原点である塾の存在が大きいのです。

実際、当時塾で作ったサイトは今もアクセスを集めていますし、アドセンスサイトはチャリンチャリンと毎日小金を落としていきます。
稼ぎ切れなかったとはいえ、もう、何年も不労所得を細々得ることができている、そんな経験を積ませてくれたのが、初めての高額ネットビジネス塾でした。

最初失敗した、と言いましたが、それは失敗として記憶の奥底に葬り去ればの話ですね。
アフィリエイトを始める時には当時の教材も読みなおすと、昔理解できなかったことも理解できますし、ちょっと古びたノウハウも、切り口を変えればまだまだ使えたりします。

マーケティングやWEB心理的なテクニックは、時代が変われど普遍的な部分も多くあります。
昔学んだことは決して無駄にはならない、という意味で、ネットビジネス塾の経験は非常に貴重なものでした。

と、昔話はこれくらいで、そんなこともありましたが、次は、本気で稼ぐステージに移行します。

なぜ稼げなかったかが痛いほどわかれば、あとは、稼げるようになるための道を歩むのみ。
アフィリエイトは本当に稼げるビジネスなのですから!

テーマ : アフィリエイト実践日記
ジャンル : アフィリエイト

アフィリエイトで覚えたことを大量に話すことの大切さ

アフィリエイトを学び始めると知らなかったことがどんどんわかるようになってきます。

最初はブログの作り方もよくわからなかったのに、タグの知識も、CSSも、コンテンツレイアウトも、トラックバックもわかるようになってきます。

だんだんちょっとしたアフィリエイターになってくるようでうれしいものです。

が、ここで自己満足に浸っても全く儲かりません。
アフィリエイターの評価は稼いでなんぼ。
稼ぐまではひたすら前進、前進です。

そのまま学習を進めれば、しっかりと進んで行くことも可能ですが、前進のスピードを劇的にはやめる方法をご紹介します。

気になりますか?
気になりますよね(笑)。

ではお話しします。

アフィリエイターとしての成長を劇的にはやめる方法、それは、

非常に多く、アフィリエイトのことを話すこと

なんです。
これは私の尊敬するアンリミテッドアフィリエイトの作者、インフォ侍さんも言っていることですので間違いないです(笑)。

なぜアフィリエイトのことを多く話すと成長が早まるのか?というと、人に物を話すということは、自分で理解していることが前提になるからなんです。

自分で良くわからないことをうまく説明なんて、できますか?
できないんですよ、普通は。

だから、アフィリエイトのことを話す場合、たとえばメルマガアフィリの稼ぎの構造について話をしようと思った場合、少なくともどういうリストを取って、どういう仕掛け、たとえばステップメールを使って売り込みを蛙だとか、無料レポートを紹介しながら濃い見込み客を獲得して、セールスを仕掛けていくだとか、そういう仕組みを分かっている必要が出てくるんですね。

アフィリエイターとして一皮むけていくために、どんどんアフィリエイト話をすればいいんです。
できれば自分よりもレベルの高いアフィリエイターと話をするほうが良いですが、そういう相手がいない場合は、ブログに書く、アフィリエイトのビジネスの仕組みを紹介するサイトを作る、などのアウトプットをしていくのも良い方法です。

話はリアルタイムで相手の反応がわかるため、自分が本当に理解をしているか、すぐにフィードバックが得られます。
相手にわかりにくい話をしているなら、それは自分もよくわかっていないんです。

ブログの記事であまり良い反応がないなら、それは、自分でもよくわかっていないから記事がわかりにくくなっちゃうんです。

自分で理解をし、それをアウトプットすることのよってレベルを引き上げる。
これが、成長を加速する秘訣です。
簡単ですが、やってみればわかりますので、ぜひ、大量のアウトプットをしてみてくださいね!

テーマ : アフィリエイトを始めよう!
ジャンル : アフィリエイト

ブログの記事を100記事にしてみる

アフィリエイトでプロになるためには、良質なコンテンツを作る能力が必要です。
そのために一番手っ取り早いのは書く力を伸ばすことです。
物を書ける力は将来にわたり、稼ぐ原動力となります。

なぜなら、書いたものは残るからです。
自分の意思を長きにわたって伝えることができるからです。

書く力を伸ばすためにも、アフィリエイトを習慣化する為にも、初心者アフィリエイターはまず、ブログの記事を30記事書いてみる大切さを以前書きました。

新しいブログを作るならまず30記事を目標にする


これが達成できたら次のステップが待っています。
次は、そのブログの記事を100記事にすることなんです。

これはなぜか?というと、30記事を1カ月で書くことができたとすれば、毎日1記事は作る力がついたということになります。
これは大きな力ですが、その30記事でやめず、100記事を2ヶ月目に達成することができれば、さらに大きな力になるのです。

ブログの記事を大量に書いてみるとわかりますが、書けば書くほど、書けるようになってくるものなんです。
そして、記事を書くスピードも上がります。

初心者が1カ月で30記事書いたとして、2か月目も同じように続けてみると、1日に1記事しか書けなかったのが、1日2記事を書くことも苦労ではなくなります。
場合によっては3記事、4記事書くことも苦になりません。

書く、ということを習慣化するうえで、2ヶ月目の大量記事投稿が、将来にわたってアフィリエイト稼ぐ上で重要なポイントになってきます。
1か月目に基礎を作り、2ヶ月目に血肉化、3か月目にちょっとした職人レベルになることは十分可能なんです。

まず考えてみてください。

ブログで100記事投稿する人間は少ないですよ。
もちろん、世の多くのブログでは100記事以上あるのも珍しくはないんですが、こつこつこつこつ、積み重ねることができる人もたくさんいる一方、あなたはそんなこと、できなかったではないですか(笑)!

いえ、それは私も例外ではないんですが、やったことのない領域に踏み込むことほど、自分の殻を突き破るのに適したことはありません。
アフィリエイトでプロを目指す初心者の皆さん、1か月目の30記事ができたら、間髪いれず、2ヶ月目の100記事投稿まで一気に駆け抜けましょう!

そして、次のステージは、それができるちょっと前に、私が提示します!
書く力を伸ばす。世界がきっと、変わるんです。

テーマ : アフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

プロフィール

infosoldierなおと

Author:infosoldierなおと
逆襲アフィリエイター なおと
サラリーマンから起業を目指すアフィリエイター。
2006年からアフィリエイトを始めるも儲からない苦い日々を経験。
2012年、突如としてアフィリエイトを再開し、本気のアフィリエイトを展開中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
無料レポート情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。